TECHNOLOGY AND BENEFIT OF LORENTZ MG

LORENTZ MG is the latest energy-saving technologies that protect global environment.

  • ・三相四線式の各相間電圧をバランスし各層の電圧を補正し合い最大電力損失を軽減する(銅損の減少)
  • ・電圧レギュレーターの新技術の設計
  • ・特許登録 特許第5033898号 受電設備
  • ・特許出願 特開2014-093378号 電力用トランス及びその製造方法
  • ・特許出願 特開2015-198964号 変圧器及び変圧器を用いた電圧調整装置
  • ・全タイプの負荷抵抗に適用(抵抗&インダクタンス)
  • ・10〜18%の省エネを実現
  • ・余剰電流をカットすることにより、電気器具の寿命を延ばします
  • ・電気料金を10〜18%削減
  • ・CO2削減により、導入企業様の「エコ推進企業」のイメージアップをサポート

LORENTZ MG CONCEPT DIAGRAM

 L-MGは、受電トランスの2次側のY(スター)及びΔ(デルタ)結線の各相に設置するもので、各単相負荷の存在に由来する各相(R相、S相、T相)の電流・電圧を均一化し、N相に流れる電流をゼロに近付ける事による銅損を減少させるとともに、各単相負荷に流れる電圧を自動的に供給しあう磁路回路となります。  また、三相負荷・単相負荷が混在する電圧を、別々に、そして自在に昇降同圧すること可能で、さらに、高調波の除去機能も持ちあわせているため、電源出力に含まれる第3高調波及び第5高調波を除去して無効電力化することが出来ます。

 これにより基本周波数(fHZ)のみからなる新生電源として、歪みのない整った正弦波形をもった高品質な電力を提供することが出来ます。L-MGは、各種の負荷機器を健全な電力環境下におく事と同時に節電(省エネルギー)を実現する波形整形回路と言えるのです。

LORENTZ MG BASIC SPECIFICATION

It can introduce all over the world.

配電タイプ 単相三線式、三相三線式、三相四線式
容量 50 KVA 〜 2,500 KVA
適用定格電圧 200V 〜 600V
周波数 50/60 Hz
効率 99.9%
絶縁抵抗 500メガー で 50MΩ以上
周囲温度 -10C° ∼ 50C°
相対湿度 30 ∼ 85 %
冷却方式 自然冷却
保護等級 屋内用 直径12.5mm以上の固形物が侵入せず
屋外用 上記に加え垂直に滴下する水が浸入せず
変圧器絶縁種類 H種
保証 10年

PAGE TOP